メニュー

HOME > 施設のご案内 > グループホーム

グループホーム

グループホームの概要と、ぜひお伝えしたい「グループホーム つどい」の特長についてご説明します。

グループホームについて

[認知症対応型共同生活介護]

グループホームとは、認知症高齢者の方が少人数(最大9人)の家庭的な環境のもと、スタッフのサポートを受けながら共同生活を営む居住施設です。入居された方のこれまでの生活を尊重しつつ、自立した日常生活を送ることができるよう、スタッフが見守ります。

「グループホーム つどい」について

理念

グループホーム つどいは、「個々の尊厳を大切にしながら、地域の中で生活すること」を基本理念としています。
専門性を備えたスタッフの育成を推進。「住み慣れた地域で、心穏やかに安心して生活したい」ご本人さまと、「近くで心地良い関係を保ちながら、安心して生活してほしい」ご家族さまの、双方の「安心」に、高いレベルでお応えします。
また地域に根ざした介護の表れとして、施設名称は開設にあたってご協力をいただいたその土地土地のオーナーさまのお名前より、「○○家(け)」と名付けています。

設備

お一人お一人が完全個室でゆっくりとくつろげます。ご面会があっても余裕の広さです。個室は全室とも安心のナースコール対応です。
対面キッチンはリビングと対話しながら楽しく調理でき、調理の音や香りが五感を刺激します。洗面、クローゼット、エアコン、介護用電動ベッド、ナースコール、タンス、カーテンが備え付けとなっています。
また、非常災害に備えスプリンクラー及び消防署への通報装置を設備しています。

専門スタッフによる生活サポート

専門スタッフが、お一人おひとりの生活を尊重しながら食事の用意や掃除、洗濯などをご入居者さまと共に行い、自立をサポート。「目配り」「気配り」「心配り」を合言葉に、ご入居者さまの「その方らしい暮らし」を24時間見守ります。

健康管理

「第二の我が家」として安心して心地良く暮らしていただけるよう、近隣の医療機関との密な連携による、信頼の医療体制を整えています。ご入居者さまの体調の変化に早く気づくことができるよう、毎日の健康管理も徹底。各居室にはナースコールを設置し、体調がすぐれないときにはすぐに専門スタッフが駆け付けます。

認知症対応プログラム

ご入居者さまに無理なく楽しんでいただきながら、自立をサポートするプログラムをご用意しています。
例えば野菜や花を育てることは、自然と親しみ大地とふれあう喜びが五感を活性化するといわれています。また工作や手芸は、好きな趣味を通じて意欲を向上させます。日々の散歩やドライブは周囲への関心を起こさせ、心のリフレッシュにもなります。社会参加の機会をできるだけ多く持っていただくため、地域交流も積極的に推進しています。

一日の過ごしかた

グループホーム「○○家」でご提供しているサービス内容を、一日の流れとともにご紹介します。

07:00 起床 離床、着替え、洗顔、トイレ等、朝の身支度をご自身、もしくは職員に手伝ってもらいながら済ませます。
08:00 朝食 お食事は食堂にて皆様ご一緒に召し上がります。
10:00 入浴・お茶の時間 順次お風呂にご案内いたします。並行して皆様でお茶を飲みながらお話したり、テレビを見たりして過ごします。
12:00 昼食 お食事は食堂にて皆様ご一緒に召し上がります。
15:00 おやつの時間 普段はお茶を飲みながら、甘いもの等を召し上がっていただきます。おやつの前後に天気の良い日は散歩などに出かけます。
18:00 夕食 お食事は食堂にて皆様ご一緒に召し上がります。
20:00 就寝 トイレ、着替え、歯磨き、ベッドへの移動等、就寝の準備をご自身もしくは職員に手伝ってもらいながら済ませた後、おやすみになられます。

施設一覧

ご覧になりたい地域名をクリックしてください

  • 対応サービス:
  • グループホーム
  • ハーモニーライフ
  • デイサービス
  • 小規模多機能型居宅介護
  • ショートステイ
  • 居宅支援事業所
  • 訪問介護

最新情報